SECCON つくば大会(関東地区)の参加者に対する宿泊施設斡旋、および、各種補助について

■ 宿泊施設斡旋:

大会参加者には、筑波大学筑波キャンパス内にある宿泊施設のご利用をお奨めしており、施設のご利用をSECCON実行委員会で斡旋いたします。斡旋する部屋は、2人部屋、3人部屋、4人部屋のうちのいずれかで、基本的に他の参加者との相部屋になります。

■ 斡旋のポリシー:

斡旋のポリシーとしては、利用希望者が実行委員会で想定している人数を超えた場合は、遠距離の方を優先する場合があります

■ 宿泊申請のとりまとめ:

宿泊申請のとりまとめは、個人登録の後、実行委員会より宿泊希望を個別にメールでお伺いします。なお、事前申請で宿泊希望をなされていない方は、現地で部屋に余裕があっても、突然、追加で宿泊を希望することはできません。

■ 交通費補助のポリシー:

交通費については、一人あたり5,000円以下の実費を補助します。ただし、交通費補助に関しては、若いU-22の学生さんに対しての補助を優先したいので、仕事を持ち、定常な収入のある方は申請をご遠慮ください。また、公共交通機関以外を利用した場合は補助の対象外です。ご不明な点がある場合は、SECCON実行委員会(info@seccon.jp)までお問い合わせください。

■ 宿泊費補助のポリシー:

宿泊費については、若いU-22の学生さんについては、自己負担無しで宿泊していただけます。ただし、補助対象からつくば市内在住の方は除外します。また、23才以上であったり、つくば市内在住の方が宿泊する場合は全額自己負担となります。その場合の負担金額は4,000円未満です。

■ 補助を希望する方へ:

補助を希望するかたは、ハンコを忘れないようにご持参下さい。

  • 交通費補助を希望される方は、「旅費請求書」に必要事項を記入の上、申請のための領収書や印鑑を当日忘れずに持参してください。
  • 【領収書の宛名】は「日本ネットワークセキュリティ協会」あるいは「JNSA」で受領してください。